「雛かぶら」

399円(税込)




 白いご飯の上にのせお茶漬けを楽しむ
春の到来を告げる商品

  

 さらっとした塩味が効いています。
 白いご飯の上に「雛かぶら」をのせ、お茶か出汁をかけます。そうすると、さっぱりした塩味でお茶漬けがいただけます。
 お好みでワサビを加えるとぴりっと、絞まった感じが出てきますし、さらに海苔を置くと風味抜群です。お寿司やおにぎりの具としても楽しめます。

 銀座若菜の「雛かぶら」は、赤かぶの中でも、比較的柔らかな特徴がある滋賀県産の物を使用しています。
 素材の赤かぶと菜の花をふり塩で一晩漬け、薄みの調味液を加えて仕上げられていました。
 それに、素材の持ち味をフルに生かしたいために、加熱はせずに塩漬け後に絞ることでアク抜きをして、仕上げました。
 大胆に厚切りにした赤かぶに、菜の花を合わせて使ったことにより、赤と緑のコントラストが楽しめ、春の到来を告げる商品ともなっています。




 


福々しい顔で風に吹かれる
銀座三越の屋上にご出世

 「ルイビトン」「プラダ」など高級ブランド店が建ち並ぶ、銀座のど真ん中、四丁目の交差点にある、銀座三越の屋上にお地蔵さんが、鎮座しているのをご存知だろうか。

 その名も「出世地蔵」。実はこのお地蔵さんは、明治の初めごろ、三原橋のあたりを流れていた「三十間堀川」の工事の際に、泥の中から見つかったそうです。
 そして、その後また一時行方不明になっていたけれど、結局三越の屋上に収められることになった。
 「川の中から、屋上へ」ということから、出世地蔵といわれるようになったというけれど、その名の由来の真偽の程は不明です。
 でも、なんとも福々しい顔をしておられて、じっと見つめていると、「出世」という幸運を持ってきていただけそうで、お参りする人が今も絶えないそうです。

「銀座出世地蔵」
 
文・須見吾郎  撮影・清水啓二
 


銀座若菜

住所:〒104-0061
    東京都中央区銀座7-5-14
ご注文専用ダイアル
    (0120-54-5611)
TEL :03-3573-5456
FAX :03-3573-5458
営業:10:00〜21:00(土〜18:00)
 :日祝
日本橋 三越本店
銀座 銀座三越
東京 大丸東京店
渋谷 東横のれん街、東急本店
新宿 小田急本館
羽田 羽田空港売店
品川 エキュート品川
大宮 エキュート大宮
銀座若菜ホームページ:http://www.ginzawakana.com/