「おかか生姜」
100g 420円(税込み)


 
ぴりりとした生姜に
本味醂のまろやかさがマッチ

南国高知の
明るい太陽のもとで育った素材を使用



 南国高知の明るい太陽のもとですくすくと育った生姜が素材である。もちろん無農薬栽培。
それを丸大豆醤油と本味醂で、じっくりと漬け込んでいる。
 
 銀座若菜の自慢の逸品、「おかか生姜」を口に含むと、生姜のあのぴりりとした刺激の強い味が本味醂の甘さとバランスよく調和しているのが良く分かる。
 美味いのである。あの添え物のはずの、生姜が、銀座若菜の、魔法で、堂々と主役に躍り出ているのである。

 日本酒の好きな人はおつまみとして十分その役を果たすが、温かいご飯とともにいただくと、もちろん食が進みます。

 
 
 
 
 
 
 
           


坂口安吾、太宰治ら無頼派三人衆が遊ぶ
鷲鼻の怪盗ルパンの看板が見下ろす

 銀座の老舗バー「ルパン(LUPIN)」はいまだ健在である。

 路地を入ったところで、シルクハットをかぶった鷲鼻の怪盗ルパンを描いたお馴染みの看板が、上からのぞいている。

 かって文壇バーといわれた「ルパン」には、永井荷風、泉鏡花、そしてノーベル賞作家の川端康成らそうそうたるメンバーが通い、まさしく夜の文壇を彩った。

  バーテンダーも小説家志望の若者が多く、博識で作家とも会話を十分こなしたそうである。

 林忠彦がルパンで遊ぶ織田作之助、坂口安吾、太宰治の無頼派三人衆の写真を撮ったことでも知られている。

 カクテルももちろんあり、好きなものを注文できる。

「ルパン(LUPIN)」
 
文・須見吾郎  撮影・清水啓二
 


銀座若菜

住所:〒104-0061
    東京都中央区銀座7-5-14
ご注文専用ダイアル
    (0120-54-5611)
TEL :03-3573-5456
FAX :03-3573-5458
営業:10:00〜21:00(土〜18:00)
 :日祝
日本橋 三越本店
銀座 銀座三越
東京 大丸東京店
渋谷 東横のれん街、東急本店
新宿 小田急本館
羽田 羽田空港売店
品川 エキュート品川
大宮 エキュート大宮
銀座若菜ホームページ:http://www.ginzawakana.com/