【緑の庭】タコの介の四季三昧 Vol.4
緑の庭】タコの介の四季三昧    Vol.4
2013.11.12

takonosuke's natural life

秋はバラ園めぐりで大忙し


樋口 正博

■高みをめざして咲く秋バラ

 以前紹介した、WEBバラ図鑑がスタートしてから2か月が過ぎました。そのあいだ、タコの介はバラ図鑑に登録するバラを求めて、各地のバラ園に出かけて撮影してきました。
 やり始めると凝りまくるのは釣り師の性格で、バラ図鑑に1品種、また1品種と新しいバラが増えていくことに夢中になってしまったのです。
 まずは、秋が早い信州のバラ園からスタートしました。バラの花は春が主流ですが、秋バラも涼風にさらされて濃く色づいていくのです。秋に咲くバラの多くは四季咲きのバラです。
 春のバラが生命力あふれた躍動の瞬間だとすると、秋のバラはそれぞれが個性を持ち、ひっそりとぽつりぽつりと自らを高めるように頂点に向かって咲いていきます。
 それはあたかも、来るべき冬を前にしての1年間の総仕上げを行っているようです。

名花ピース(中野市一本木公園バラ園)

ザ・プリンス(ハイジの村)

オクタビアヒル(ハイジの村))

スペルバウンド(生田緑地ばら苑)

フロリック(生田緑地ばら苑)

■信州と山梨で4つのバラ園めぐり

 信州では「遠しんわの丘ローズガーデン」(無料・約200種)。伊那市遠の高台にあるバラ園です。昔の棚田を利用しているので、高低差があります。ここはランブラー(つる性で小輪の房咲きのバラ)が多く、手入れもよく行き届いていて、気持ちのいいバラ園です。
 さらに「豊科近代美術館バラ園」(無料・500種)も行きつけのバラ園です。美術館の庭がバラ園になっていて、手作り感たっぷりのバラ園です。管理はボランティアのおじさんやおばさんたちがやっていて、つい話し込んでしまいます。比較的新しい品種が多いバラ園でもあります。
 つづいては中野市の「一本木公園バラ園」(無料・850種)。ここは中野市が「バラの町」を宣言しているだけあって、圧倒的なバラの数です。イングリッシュローズのほかに懐かしい昭和のバラも多いところです。
 信州に行ったり来たりしているときに寄る、山梨県の「ハイジの村」(有料・1000種)のバラ園。ここは初めてで、1000品種というわりには咲いている花が少なかったように思います。春咲きのバラが多いのかもしれません。

山梨県北杜市ハイジの村バラ園

■関東では3つのバラ園をみた

  信州のバラのあとは関東のバラ園。気候が違うので順番にピークを楽しめるのがバラ園のいいところです。まずは、東京都が誇る「神代植物公園」(有料・400種)のバラ園。荘厳なバラの庭園が広がります。

東京都神代植物公園バラ園

 さらには川崎市の「生田緑地ばら苑」(無料・533種)。ここはむかしの向ヶ丘遊園のバラ園の跡地です。ボランティアがバラの管理をして、春の秋の2回だけ一般公開されます。古いバラ園なのでハイブリッド・ティーの品種の宝庫。知らない昔のバラがたくさんあります。

川崎市生田緑地ばら苑

 そして最後が千葉県佐倉市にある「佐倉草ぶえの丘バラ園」(有料・1050種)です。ほかのバラ園はみんな車で行きましたがここは都心を横断して行かなくてはならないので、京成線で行きました。京成佐倉駅からはタクシーです。
 このバラ園はタコの介が一番好きなバラ園です。日本のバラの父、鈴木省三ゆかりのバラ園で、省三が作出した200種のバラのいくつかが収集されてます。
 さらには現代のバラの礎となった世界中の原種(約200種くらいあるといわれる)の野生バラがあります。そして、現代バラの元となったオールドローズの収集にも力を入れています。
 タコの介は「佐倉草ぶえの丘バラ園」にはひとりで4時間近くいました。秋バラが咲いているのに入園者はわずか。ほとんど独り占め。気がつくとバラの花の撮影に没頭していて、腰と脚が痛みと疲れでガクガク。
 まったく、バラ写真収集マニアは困ったものです。それでも243品種のバラの撮影ができて、いまその画像をWEBバラ図鑑にこつこつと登録しているところです。
 ところで現在、WEBバラ図鑑は急激に成長しています。2か月たった登録のバラの数はなんと1000種を突破しました。
 これはすごいことで、ネット上にあまたあるバラ図鑑ではトップ。紙の図鑑でも1000種というのは極めてまれなことです。
 ぜひ、WEBバラ図鑑に来てください。
 http://zukan.com/rose/


樋口 正博 (ひぐち・まさひろ)
1952年、長野県生まれ。
釣り専門誌の編集長を経てEditor&Writer。へら師にしてフライフィッシャーマン。そしてパラ愛好家。庭、釣り、農、酒を通して社会を見つめている。通称「タコの介」。Twitterのアカウント@takonosuke7
 
 
 


トップページ会社紹介著作権についてお問い合せ
Copyright (c) Flying Garden Rights Reserved.